2015.09.18更新

前回のブログで、お米の量を減らす工夫として、市販のこんにゃく成分でできたお米の形状のものを利用する方法と、「えのきご飯」にして、お米の量を減らす方法をご紹介しました。
とても良い二つの方法なのですが、お金がかかるという問題と、手間がかかるという問題が生じるのは事実です。
この問題がゆえに、続かなくなってしまうというのも残念な話なので、是非併用して取り入れて欲しい工夫を、もう一つご紹介したいと思います。

それは、食べる順番を工夫するというものです。
ポイントは「白米を少しでも後に後に食べるように、順番を考える」こと。
まずは純粋に、白米を最後の方に食べるように意識します。
でも、本当に最後の最後に白米だけ残ったら、悲しくなりますよね。
やはり白米は、美味しいおかずや汁物と一緒にいただきたいと考えると思います。
では、先に何を食べればよいのか?それは、「サラダ」です。

考えていただくと分かると思うのですが、サラダって「白米と一緒に食べたい」と思わないメニューだと思いませんか?
この感覚を逆手に取るのです。
とにかくまずは一食のうちの、サラダの量を今の三倍ぐらいに増やしてみてください。
そしてそれを、先に食べるようにするのです。
そうするとそれだけで、おなかがかなり膨れてきて自然と、おかずも白米の量も抑えることができるようになるのです。

ここで注意したいのが、ドレッシング。
ノンオイルのものやポン酢などを使いませんと、今度は油分が過多になってしまいます。
一度、この方法を試してみてはいかがでしょうか。

投稿者: 中央内科クリニック

医療法人 中央内科クリニック
 
人口透析専門サイト
 
中央内科クリニック トピックス