2017.08.03更新

生活習慣病ナビを運営する、中央内科クリニックです。
ストレスは、健康を考える上で大敵です。
特に、ストレスから過食が進んでしまう、お酒を飲んでしまう、甘いものを欲してしまうタイプの方は、生活習慣病の入り口である「肥満」をストレスが引き起こしてしまいがちです。
そのため、ストレスを溜めない、できることなら感じない生活を送ることが理想とされています。

「ストレスを遠ざける」
そのためには、1日の行動における時間配分を考えることが、実は意外と重要だったりします。
それだけでストレスフリーになれるかと言えば難しいですが、ストレスを軽減できるはずです。
人に与えられている1日の時間は24時間。
それは平等です。
それを有効に使えるスケジューリングを行えれば、「時間がかかってイライラ、時間が足りなくてイライラ、寝る時間が足りなくて疲れた」というようなことがなくなっていきます。

疲れがたまってくる時間帯に、時間がかかるものや苦手・嫌な作業などを行うとなると、必要以上に時間がかかるし、ストレスに繋がります。
そのような作業は、午前中の早めに行って終わらせてしまいましょう。
根を詰めすぎると逆に時間がかかってしまって、それがストレスになってしまうことがあります。
スケジュールの段階で、無理のないように時間配分を行い、適度な休息を途中途中に入れられるようにしましょう。
今流行りの「時短」アイディアを活用するのも一つの手段です。
もっと時間がかかるはずのものが、ササッと終われば、その分リフレッシュの時間に充当できます。

投稿者: 中央内科クリニック

医療法人 中央内科クリニック
 
人口透析専門サイト
 
中央内科クリニック トピックス