2015.08.31更新

生活習慣病を未然に防ぐためには、肥満を解消しなければなりません。
そこで中央内科クリニックでは、肥満治療を行っております。

肥満の治療の第一歩は、食事療法です。
他の何を行なうよりも、減量を目指すのであれば食事を改善することが一番なのです。
特に、かなり太っている方にとって、いきなり運動療法というのは危険です。
心臓や足腰などへの負担が大きすぎるためです。
そのため、当クリニックではまずは食事療法!と、お話しています。

中央内科クリニックでは栄養士の食事指導を、肥満治療に盛り込んでおります。
専門家の目線で、あなたに適したカロリーと栄養バランスを考えたメニューや食べ物をしっかり指導させていただいております。

体重が落ちてきたら今度は、運動療法を食事療法と並行して行なっていきます。
太りにくい体つくりを行なうためには、有酸素運動の継続と筋肉量を増やす筋力トレーニングが欠かせません。
これに関しては減量に成功しても継続していくことで、体型維持の効果が持続します。

投稿者: 中央内科クリニック

2015.08.27更新

生活習慣病予防として体重コントロールを上手に行なうひとつの手段に、基礎代謝量を上げるという方法があります。
年齢が高くなるにつれ、一般的に基礎代謝量が減少していきます。
これはなぜなのかというと、若い頃よりも筋力が落ちること、そして若い頃と比較すると、日々の運動量が減っていく傾向があるためです。
なので、この下がっていきがちな基礎代謝量を上げていければ、代謝が今よりも活発になり、今と同じ量を食べていても、太りづらくなるのです。

基礎代謝量をあげる一つの方法として、筋肉量を増やすということが挙げられます。
あなたも、筋力アップトレーニングをはじめましょう。
まず、最初に頭に残しておいていただきたいのは、「最初から無理をしない」ということ。
最初から無理をすると、間違いなく挫折します。
はじめはちょっとだけ、そして徐々に徐々に増やしていきましょう。

初心者におすすめなのは、「テレビのCM中トレーニング」です。
数十秒間、スクワットをしてみる、CM中に腹筋が何回できるかやってみるなど、筋力アップに繋がりそうなトレーニングをトライしてみてください。
これに慣れてきたらテレビを見ながらトレーニングをするようにして、逆にCM中、休憩するというスタイルにチェンジします。
基礎代謝量を上げて肥満を予防して、生活習慣病にならないように頑張っていきましょう!

投稿者: 中央内科クリニック

2015.08.25更新

今回は、前回のブログでお話した「生活習慣病予防の第一歩は体重コントロール・生活習慣病の第一歩は肥満」という考え方から、体重コントロールの方法の一つとして、有酸素運動をおすすめさせていただきたいと思います。

有酸素運動と一言でいいましても、いろいろありますし、年代や個性によって何が合っているのかという話になると、話が多岐に渡ってしまいますので、生活習慣病が気になりはじめる40代~50代世代におすすめの有酸素運動のお話をさせていただきたいと思います。

この年代は男女問わず、仕事や子育てに忙しい年代です。
つまり、日常生活のポイントとしては、「とにかく忙しい」「ストレスが多い」「お金がかかる」「自分の時間がない」というところでしょうか?
あてはまっているなと感じた方も多いのではないかと思います。

若い頃でしたら独り身でお金があったり、子育てや家事がない分、自分の時間がたっぷりありました。
ですので、スポーツジムに通ったり、頻繁にゴルフの打ちっぱなしに行ったり、テニスを楽しんだりできたかと思いますが、この年代の場合、それが難しい方が多いのです。

なので、おすすめは「日常生活運動」です。
耳にした事があるかもしれませんが、通勤時に最寄り駅ではなく一つ遠い駅まで歩いてみるとか、最寄り駅までバスを使わず歩いてみる、パート先まで自転車を使わずに歩いてみるなどの一工夫。
あとは、例えば普段は掃除機しかかけない場所を、掃除機のあとにフローリングや畳の拭き掃除をプラスするなど、家事でありながら日常生活運動になりそうなことを取り入れてみるというのもおすすめです。

投稿者: 中央内科クリニック

2015.08.19更新

せっかくの人生、ただ長生きするだけでなく、健康に長生きしたいものです。
もちろん、多少病気をしたり怪我をすることはあるでしょう。
でも、それを最小限に留めて、楽しくはつらつとした毎日を過ごしたいですよね。
そのためには、生活習慣病予防を心がけることが大切です。

「生活習慣病予防の第一歩は体重コントロール・生活習慣病の第一歩は肥満」と、中央内科クリニックではお話しています。
なぜなら肥満と呼ばれる状況になり、内臓脂肪が増えると、それがさまざまな引き金となり、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病に繋がっていきやすいためです。

今、太ってはいない方は、今の体重や体脂肪率を維持できるよう、日頃から心がけること。
既に太ってしまっている方は、生活習慣病の第一歩を踏み出してしまっていますので、体重と体脂肪を落としていく必要があります。

まずは、自分が肥満なのかそうではないのかを理解するために、身長と体重から、BMI値を出してみましょう。
この計算によって、BMI値が25以上の場合、肥満ということになります。
一番ベーシックな軸になる値なので、一番最初にこれを行ない、自分の状態を把握することが重要です。

投稿者: 中央内科クリニック

2015.08.18更新

生活習慣病ナビを監修しております、広島県呉市にある中央内科クリニックです!
当クリニックは広駅から徒歩5分、広公園の目の前にあるクリニックです。
交通の便がよく、環境も抜群の場所にございます。

今、生活習慣病について、何かと世間でも話題になっていますが、その生活習慣病を健康診断や定期健診で早期発見し、専門医のもとでしっかり治療できるのが、中央内科クリニックです。
一般的な内科以外に、腎臓内科、透析内科、循環器内科、リハビリテーション科をご用意し、生活習慣病を専門的な視野で診察し、治療に望みます。

こちらのブログでは、生活習慣病に関する皆様にお役に立てるようなお話や、中央内科クリニックのさまざまな情報を、更新していきたいと思っています。
既に、生活習慣病の治療が必要な方も、予備軍でいろいろな情報を入手したい方も、是非参考にしていただければと思っております。
また地元の皆様に、中央内科クリニックのことを知っていただけるよう、クリニックのこともご紹介させていただきます。

投稿者: 中央内科クリニック

医療法人 中央内科クリニック
 
人口透析専門サイト
 
中央内科クリニック トピックス