2017.08.26更新

生活習慣病ナビを運営する、中央内科クリニックです。
このコラムでは、生活習慣病予防そして治療のためには、肥満はNGというお話をよくとり上げさせていただいております。
肥満は、さまざまな疾患を引き起こします。
糖尿病や動脈硬化、心筋梗塞などの引き金となります。
肥満気味という方は、やはりダイエットは必須です。

しかし、ここで重要なのは、間違ったダイエット法を行ってしまい、筋肉量まで落としてしまってはいけないということです。
ダイエットは、体重ばかりに気を取られがちになります。
ですが、体重とともに筋肉量が落ちてしまっていっては、それは健康的なダイエットとはいえないのです。
もちろん見た目的にも引き締まった身体にはならず、余った皮がブヨブヨしてしまう可能性もあります。

筋肉を作り上げるのは、おもにタンパク質です。
糖質や脂質を抑えつつ、良質なタンパク質をしっかり摂取する。
適度な運動を習慣化する。
これによって筋肉量を落とさずに、健康的なダイエットが可能となります。

投稿者: 中央内科クリニック

2017.08.24更新

生活習慣病ナビを運営する、中央内科クリニックです。
よく、健康のために禁酒!と言いますが、タバコと違ってお酒は適度な量であればストレス発散にもなり、さほど悪いものではありません。

しかしお酒はどうしても飲みすぎてしまうものです。
これはお酒というものの特性上、仕方がないものです。
また、お酒を飲むと食事も進みがちになり、食べすぎにもなりがちです。
禁酒をする必要はありませんが、お酒は適量がやはり重要なのです。

ただ、先ほどお話をしたばかりですが、どうしても飲みすぎてしまうものなので、そこは工夫が必要です。
たとえば、家飲み派の方で冷やして飲むお酒が好きならば、飲む量を決めてその量だけを冷蔵庫へ。
そうすれば、冷えているお酒の量だけでストップできます。

自宅にお酒を大量に買い込まないというのも重要でしょう。
今日飲むと決めた量だけを、会社帰りに買って帰るというのもよいかもしれません。
ワインなどが好きな方は、ボトルにご自身で一日にOKな量のメモリをつけてしまうのもよいかもしれませんね。

外飲み派の方は、「飲み放題」が危険です。
ついつい飲みすぎてしまいます。
飲み放題はやめて、一杯ずつゆっくり飲むとお酒を上手に楽しめるかもしれません。

投稿者: 中央内科クリニック

2017.08.17更新

生活習慣病ナビを運営する、中央内科クリニックです。
8月になり、大変暑くなってまいりました。
お酒が美味しい季節です!
お酒を飲むと、ついつい脂っぽい食べ物や味が濃い食べ物が進みがちです。
夏はついついお酒を飲む機会が増え、このような食生活が日常化しがちです。
たまにであればよいとは思いますが、やはりしょっちゅうとなると、気が付いた時には体重も血圧もアップしてしまったとなりがちです。
気をつけていきたいものです。

味が濃いものがもともと好きという方は、特に要注意です。
自分では気をつけているレベルでも、すでに塩分過多になってしまっているケースが多いです。
徐々に薄味に慣れていくというのが良いと思います。
食事にお塩や醤油を使うところを、コショウやレモンを上手く使っていくと、意外とうまく塩分を抑えることができます。

また、コショウやレモンは塩分を抑えるだけでなく、油分を抑えるためにも活用できます。
たとえば、ドレッシングには油分が入っているものが多いですが、ドレッシングを使わずにレモンやコショウを活用してサラダを食べるとその油分を抑えられます。
焼肉なども、たれを使ってしまうと油分も塩分も多いですが、レモンやコショウをメインにしていくとヘルシーにいただけます。
ワサビやショウガを使っていくのもおすすめです。

投稿者: 中央内科クリニック

2017.08.10更新

生活習慣病ナビを運営する、中央内科クリニックです。
前回、ストレスは生活習慣病の引き金となる肥満に繋がる傾向があるというお話から、時間を有効活用し、ストレスを軽減しましょうというお話をさせいただきました。

それにプラス、もう一つストレスを軽減する方法として、ぜひ活用していただきたいのが「人と積極的に関わる」ということです。
とお話をするとおそらく、「人と接するからこそ、ストレスが溜まるのでは?」とおっしゃる方もいるのではないかと思います。

たしかに、一人でいたほうが、ストレスがかからないこともあるでしょう。
でもそれは人間が、ずっとずっと一生、一人で生きていくという動物だったらの話。
人間である以上、いろいろな人との関わりを持って生きていく必要があります。
そうなるとそこにストレスも発生するかもしれませんが、人との関わりを通してストレスを発散できることも多いのです。

お仕事では仕方がありませんが、そうでなければストレスが溜まりそうな相手を避ければよいだけの話。
気心知れた、なんでもおしゃべり・相談できる人との関わりは自分だけで思い詰めてしまう行為を抑制し、ストレス発散に繋がります。

投稿者: 中央内科クリニック

2017.08.03更新

生活習慣病ナビを運営する、中央内科クリニックです。
ストレスは、健康を考える上で大敵です。
特に、ストレスから過食が進んでしまう、お酒を飲んでしまう、甘いものを欲してしまうタイプの方は、生活習慣病の入り口である「肥満」をストレスが引き起こしてしまいがちです。
そのため、ストレスを溜めない、できることなら感じない生活を送ることが理想とされています。

「ストレスを遠ざける」
そのためには、1日の行動における時間配分を考えることが、実は意外と重要だったりします。
それだけでストレスフリーになれるかと言えば難しいですが、ストレスを軽減できるはずです。
人に与えられている1日の時間は24時間。
それは平等です。
それを有効に使えるスケジューリングを行えれば、「時間がかかってイライラ、時間が足りなくてイライラ、寝る時間が足りなくて疲れた」というようなことがなくなっていきます。

疲れがたまってくる時間帯に、時間がかかるものや苦手・嫌な作業などを行うとなると、必要以上に時間がかかるし、ストレスに繋がります。
そのような作業は、午前中の早めに行って終わらせてしまいましょう。
根を詰めすぎると逆に時間がかかってしまって、それがストレスになってしまうことがあります。
スケジュールの段階で、無理のないように時間配分を行い、適度な休息を途中途中に入れられるようにしましょう。
今流行りの「時短」アイディアを活用するのも一つの手段です。
もっと時間がかかるはずのものが、ササッと終われば、その分リフレッシュの時間に充当できます。

投稿者: 中央内科クリニック

医療法人 中央内科クリニック
 
人口透析専門サイト
 
中央内科クリニック トピックス