糖尿病

糖尿病について

糖尿病とは血糖値が高くなる病気です。血糖値とは、体を動かすエネルギー源となるブドウ糖が血液中にどのくらいあるかを示すもので、糖尿病になると、ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって血液中に溢れてしまい、インスリンが上手く作用しなくなります。ちなみにインスリンとは、体の中で唯一、血糖を下げる働きを行うホルモンで、食後に血糖が上がらないよう調整しています。

糖尿病の種類

1型糖尿病
2型糖尿病
遺伝性や他の病気が原因となって引き起こされるもの
妊娠糖尿病

糖尿病の原因、症状

原因:食べ過ぎ、運動不足 お酒の飲みすぎなど
症状:のどの渇き、尿の量・回数が多い、急激な体重減少、倦怠感、手足のしびれ、月経異常など

糖尿病の合併症

・糖尿病を放っておくと
高い血糖値のまま生活を続けていると、血管がもろくなる血管病になります。
血管と神経は全身に張り巡られており、血糖値が高い状態が続くことで、全身の血管や神経が侵されて、栄養の適正な供給が途絶えてしまいます。
そうすると臓器に様々な障害が起きてしまいます。(糖尿病の慢性合併症)
また、慢性合併症の他に、急性合併症もあり、こちらはインスリン作用不足により引き起こります。

慢性型、急性型の合併症のどちらも、寿命や生活の質が低下してしまいます。

・主な合併症

脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症、皮膚の病気、腎不全、腎性網膜症など

糖尿病の治療

糖尿病はサイレントキラーとも呼ばれ、その症状に気づかない場合が多くあります。
定期的な健診が最も重要ですが、糖尿病と診断されたら、まず食事療法を行う必要があります。
自分に合った分量で、必要とするすべての栄養素を摂れるよう工夫し、バランスのとれた食事を心がけます。あとは毎日少しずつ取り入れる運動、インスリン注射による薬物療法などがあります。ご質問がある方は呉市の当院までお問い合わせ下さい。

自分でできるセルフケア

・規則正しい生活
規則正しい生活リズムにすることで、糖尿病の予防、改善につながります。

・食事に気を付ける
・間食は控えて、朝・昼・夜の食事をきちんと取るようにしましょう。
・砂糖は控えめにしましょう。どうしてもという場合は人工甘味料を代用しましょう。
・脂っこいものはなるべく控えて、あっさりとしたものを多く取るようにしましょう。
・野菜、海藻など食物繊維の多い物を取るようにしましょう。
・暴飲暴食は控えましょう。

※呉市の当院では、栄養士による食事指導を行っております。

糖尿病教室・ウォーキング教室

月1回、医師、看護師、栄養士、理学療法士による、糖尿病教室とウォーキング教室を開催しています。

糖尿病を持ちながら、通院及び入院しておられる患者さんやその家族の方が、糖尿病とうまく付き合いながら療養生活が送れるよう、療法及びウォーキングのポイントをご説明させて頂きます。

また、糖尿病性腎症を合併された患者さんに対して、糖尿病療養指導士、透析療養指導士による予防指導を行っております。

医療法人 中央内科クリニック
 
人口透析専門サイト
 
中央内科クリニック トピックス