脂質異常症

脂質異常症について

血液中の脂質が増えすぎている状態を脂質異常症と呼びます。具体的にはコレステロールや中性脂肪が多すぎる状態で、増えた脂質は血管の内側に溜まり、動脈硬化を引き起こします。
ところが動脈硬化に自覚症状はなく、後に心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こして初めて、脂質異常症に気づくことになります。

 

・中性脂肪値が高い方は要注意
アルコールの飲み過ぎや、炭水化物や糖質の取り過ぎで中性脂肪値は高くなります。
中性脂肪は直接、血管壁に蓄積するのではないので、動脈硬化の進行に直接は関係しませんが、LDLコレストロールと共に血管に障害を与えることが分かっています。
食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足による、内臓肥満が中性脂肪を増やす原因と注目をされております。

・実は多い、脂質異常症
全国でコレステロール値が高い人は約3,660万人おり、中性脂肪値の高い人も約4,000万人いると言われております。
まずは、自分自身で気付くことが大切です。

 

脂質異常症の種類

LDL(悪玉)コレステロールが多いタイプ(高LDLコレステロール血症)
HDL(善玉)コレステロールが低いタイプ(低HDLコレステロール血症)
トリグリセライド(中性脂肪)が多いタイプ(高トリグリセライド血症)

脂質異常症の原因

原因:飲酒、運動不足、家族に同じ病気の人がいるなど

脂質異常症の合併症

・高LDLコレステロール血症を放っておくと
動脈硬化の進行の原因となります。動脈硬化が心臓の血管に進行すれば心筋梗塞や狭心症になり、脳の血管に進行すれば脳梗塞を招き、足の血管に進行すれば閉寒性動脈硬化になります。


・高中性脂肪血症を放っておくと
中性脂肪値の高い状態が続くと、非常に痛みの伴う急性膵炎が発症すると知られております。また、糖尿病にも合併しやすくなります。中性脂肪が肝臓の細胞内にたまる脂肪肝を招くこともあります。

・主な合併症

動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、虚血性心疾患など

脂質異常症の治療

呉市の当院では脂質異常症の治療について、食事療法と薬物療法によって生活習慣そのものを改善していくことが基本です。

生活習慣を改善する目的は、血中の脂質を下げるだけでなく、動脈硬化の進行を防ぐことです。そのため、高血圧や肥満なども改善する必要があり、なかでも食事療法による適正体重の維持などがとても重要となってきます。

自分でできるセルフケア

・適度な運動(有酸素運動)
ジョギング、ウォーキング、サイクリング、水泳などの有酸素運動をするように心掛けましょう。
軽い運動でも一定時間続ければ、酸素を多く取り入れることができ、循環器、呼吸器の新陳代謝を促進することができます。

・食事に気を付ける
・朝・昼・夜の食事はバランスよくしましょう。
・脂質の吸収を抑える、野菜や海藻など食物繊維の多い物を取るようにしましょう。

※当院では、栄養士による食事指導を行っております。

・禁煙
喫煙は「百害あって一利なし」と言われております。体のことも考えて禁煙をしませんか?

※呉市の当院では、禁煙外来による禁煙指導を行っております。

・飲酒
大量の飲酒を繰り返すと、アルコール性肝炎、慢性膵炎になる可能性もあります。
適量にしておきましょう。

医療法人 中央内科クリニック
 
人口透析専門サイト
 
中央内科クリニック トピックス