その他の生活習慣病

脳卒中

脳卒中とは脳の血管が詰まったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届くかなくなり、細胞が死滅してしまう病気のことをいいます。
一時的な半身の麻痺や手足のしびれ、ものが二重に見えるといった前触れが起きることもありますが、その多くは症状に気づかないことが少なくありません。

脳卒中の治療

脳卒中を予防するには普段から高血圧を防ぐことが肝心です。また、危険因子となる飲酒、喫煙、運動不足、肥満といった生活習慣の改善と、脂質異常や糖尿病、心臓病といった持病から引き起こされるケースもあり、日頃からの健診・注意が必要となってきます。

脳卒中を発症してしまうと、傷ついた脳が及ぼす体の働きの部分にもよりますが、これ以上、体の機能が衰えないようにするためのリハビリが重要となります。お気軽に呉市の当院にご相談下さい。

心臓病

心臓病といってもさまざまな病気がありますが、生活習慣病が原因と考えられるものには、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患が挙げられます。
虚血性心疾患とは、心臓に血液が届かなくなる病気のことで、血液を通して送られる酸素や栄養の不足により細胞が壊されてしまうことをいいます。

心臓病の治療

症状の重さや原因に応じて、内科的療法と外科的療法が治療の第一歩となります。
症状が軽い場合や高齢の患者様に対しては内科的療法がとられることが多く、最近ではカテーテルを使って血管の詰まった部分に直接薬を入れる「血栓溶解療法」や、先端に風船をつけて血管を広げる「風船療法」などが用いられています。ご不明な方は呉市の当院にご連絡下さい。

医療法人 中央内科クリニック
 
人口透析専門サイト
 
中央内科クリニック トピックス